消費者金融を便利に使いこなしたい!そんなノウハウ、伝授します

消費者金融って、かつて「サラ金」と呼ばれていたし、怖そう、というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。また、そうではなかったとしても、お金を貸すという仕事に対して、汚いイメージをお持ちの方や、利息が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

けれども、実際に消費者金融について調べてみると、実は賢い利用方法が存在していたのです。そのノウハウを、あなたに伝授します。

まず、最も多いパターンです。銀行でお金を下ろそうと思ったけれど、日曜日だった、などのケースですね。この場合、日曜日という要素があるため、銀行では、100円プラス消費税という手数料がかかってしまいます。金利18%の消費者金融で、ちょっと5万ほどキャッシングしてみることにしましょう。返済は、翌日の月曜日に行います。すると、18%で1日分の利息がつき、24円の利息を支払うことになります。そうです、100円よりも安いのです。これが2日でも、49円ほどです。また、10万円で2日だとしても、100円に満たない金額なのです。

金額、利率、日数によって、利息の金額は変化しますが、基本的に日割りで計算されるため、1日2日では、それほど利息が高くならないシステムになっている、ということが、おわかりいただけると思います。

次に、海外旅行でのキャッシングです。こちらは、手数料のかからないATMでキャッシングをする場合です。海外旅行というと、通常、お金はトラベラーズチェックと呼ばれる小切手、クレジットカード、そして為替交換手数料を支払って得た現金ということになりますが、この為替交換手数料が厄介なのです。かつて、まだEUがなかった時代、ヨーロッパを1周すると、1万円が5千円になってしまったほど、この手数料というのは、高いのです。キャッシングという方法を使えば、この為替交換手数料をかけずに、お金を引き出すことができます。もちろん、為替レートの影響は受けます。けれども、手数料は取られないで済むのです。

そして当然ですが、この海外キャッシングを利用する場合も、できるだけ返済は早いほうが良いです。可能なら、カード締め日の3日ほど前にお金を引き出し、数日~1週間程度の滞在なら帰国後、長期滞在なら海外にいても、できるだけ早い段階で、全額返済するのが良いでしょう。この返済には、ネットバンキングなどが便利です。

海外でカードを利用する場合に、気をつけておきたいのが、カードの保険です。キャッシングカードをスキャンされるという事件が、海外では時々、起こります。このスキャンの被害に遭ってしまった場合、暗証番号などをかけていても、ほとんど意味をなしません。保険に入っている会社のカードを利用するようにしましょう。また、暗証番号を入力する際、反対の手で覆い隠す習慣を身につけましょう。

これらは、消費者金融をお得に利用するためのノウハウです。これ以外にも、お得にとは言わないけれど、賢く利用するノウハウが存在します。

それは、とにかく計画的に利用する、ということに尽きますが、自分が借りた金額をきちんと把握し、給料が入ったら、できるだけ早い段階で返済するということです。ただ、毎月の引き落としがある金融機関もあります。給料日の当日、または直後に引き落としが来る消費者金融を選ぶ、あるいは自分で返済日を設定できる消費者金融を選ぶことで、上手に利用することができます。

分割でローンを組む場合も、ボーナスなどの機会を見つけ、小まめに返済していきましょう。リボ払いは、多くの利息を取られてしまうため、できるだけ避けましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査が緩いの!?】簡単融資がモットーのカードローン会社紹介!! All Rights Reserved.