実は大きな影響力を持っている!銀行ローンの保証会社と審査

銀行カードローンは、審査が厳しいというイメージがある方も多いでしょう。確かに、かつては銀行の審査が厳しいというのは、当たり前のことでした。けれども、近年、銀行ローンの審査が甘くなってきています。その代わり、銀行の傘下に入る消費者金融が増えているのです。

銀行のグループであると謳う大手消費者金融が増えていることに、お気づきでしょうか。そうした銀行グループの業者は、銀行そのものではないので、「銀行系」ローンの枠組みには入らず、総量規制も適応されます。銀行系という場合の定義は、銀行が本業であるという意味です。

実は、最近の銀行系ローンにおいては、傘下に入った消費者金融が、保証会社として、ローンの返済が滞った場合に、借りている人に代わって、支払いをしてくれるという制度ができています。そしてもちろん、保証をするからには、保証会社が借金の審査を行うわけです。ですから、銀行が審査を行うとき、この保証会社の審査さえ通ってしまえば、ほとんど銀行の審査は通ったも同じと言われているのです。

では、その保証会社から借金をするのと変わらないのか、というと、そんなことはありません。銀行と保証会社が、同じ金融商品を持っているということではないのです。実際、銀行の審査は、その保証会社である消費者金融のローン審査に通りさえすれば、ほぼ通ると言われています。そういう意味では、銀行のほうが、審査が甘くなりつつあるのです。

これは、総量規制という点でも同じですね。規制が入ったことで、消費者金融系や信販系の会社などは、年収の3分の1を超える貸付ができなくなっていますから、それができる銀行というのは、審査が甘いということになり得ます。

但し、銀行ローンで滞納などをしてしまった場合、真っ先に、消費者金融の業者から取り立てが来る、という状況とも関連があります。消費者金融は取り立てのプロですから、「銀行だから少しくらい遅れても」と高をくくっていると、痛い目に遭います。とはいえ、かつてのサラ金のように、自宅に来て、近所の人に聞こえるような声で借金のことを叫んだり、というようなことはありませんし、暴力に訴えてくることもありませんから、その点はご安心ください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査が緩いの!?】簡単融資がモットーのカードローン会社紹介!! All Rights Reserved.