資金繰りができずサラ金に借りた場合~上手に使う方法と失敗ケース~

資金繰りができず、サラ金からお金を借りました、という方は、近年、増加傾向にあるように見えます。急なリストラや減給以外でも、冠婚葬祭の資金が必要になったときなどに、普段からギリギリの生活をしていると、お金が足りず、サラ金から借りることになってしまうケースもあります。

そもそも、資金繰りに失敗して、借金をするというのは、かなり危険なパターンではあるのですが、それ以上に、さらなる失敗にはまり込んでしまうことのほうが、重大です。その失敗とは、サラ金から借りたお金を、自分のお金のように感じてしまうという失敗です。感覚の問題ではありますが、こうした状況に陥ってしまうと、立ち直れなくなってしまいます。気づかないうちに、たくさんの利息を取られてしまうことにもなりますので、気を引き締めてご利用ください。

自分は大丈夫、という方でも、注意は必要です。借りたお金を完済するまで、次を借りない、ということが原則です。完済するまでは、カード枠に余裕があっても、極力、使わないよう、心がけましょう。というのは、完済しないままに使い続けていると、突然のカード停止措置を取られることもあるためですが。突然、カードを停止されてしまうと、多重債務や破産と、マイナス方向に流れてしまうことが多いのです。

上手に利用するためには、借りたお金は、できるだけ早く返済するということです。単純なようですが、これが一番、大切なことです。リボルビング払いなどにしてしまうと、後が大変です。できるだけ、給料日などに一括で、支払うようにしてください。

一括払いの方法は、まず、金融機関に電話をかけて、支払い当日までの利息を含めた全額を確認します。そして、その金額を、そのまま銀行や窓口などで支払います。キャッシングATMで支払おうとしますと、1000円以下の端数が返済できませんので、ご注意ください。また、電話をかけずに返済しようなどと思わないでください。利息計算が間違っていて、後でいくらか口座から引き落とされた、などということの原因となります。

もっとも、ギリギリの生活は、可能なら、しないに越したことはありません。仕事を考え直すなり、家族に協力してもらうなり、見栄を張らずに出費を抑えるなり、工夫して生活してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 【審査が緩いの!?】簡単融資がモットーのカードローン会社紹介!! All Rights Reserved.